人間性について

中学受験専門の塾講師になるためには、実務経験や実績が求められていますが、それと同時に人間性も求められています。通常の学習塾でも生徒や保護者とのコミュニケーションは重要ですが、中学受験前ではさらに生徒や保護者とのコミュニケーションが重要になってくるので、人間性に問題があるように評価されれば、業務を続けることはまず不可能なので、普段から生徒や保護者への接し方に気を配るようにしましょう。

生徒とのコミュニケーションは、授業を円滑に進める上でも重要です。授業中の雰囲気ひとつで勉強の効率は大きく変わりますし、教師として厳しく指導しなければならない場面も、受験前には自然と増えてくるので、そうした雰囲気を作ることが出来るような生徒との接し方も考える必要が出てきます。さらに受験前にはナーバスになりがちな生徒のケアも行う必要もあるので、中学受験専門の講師は、指導する立場としての優れた人間性をより強く求められます。

塾講師の人間性については、保護者も注意しています。保護者との面談は学習塾のほとんどで実施しているので、保護者と話す機会は塾講師なら必ず出てきますが、中学受験前は保護者も必要以上に子どもにプレッシャーを与えるようになるなど、精神的に追い詰められることが多いので、そうした心のケアにも取り組む必要もあり、人間性が優れていないと、満足に仕事ができなくなるかもしれません。