転職率は高い?

中学受験の指導を専門に行う塾講師は、常に人材不足に悩まされています。定期的に求人情報も公開されており、転職希望者も大勢いますが、求人数が多いのを見ると、離職率が不安になってきます。もちろん受験専門の塾講師の離職率が極端に高いわけではなく、転職する方や独立する方が非常に多い分、求人が定期的に公開されているだけなので、離職率の高さを心配することはありません。

中学受験専門の塾講師になった方の多くは、前の職場から離れた方が多いといいます。その多くがキャリアアップを目的とした転職で、中学受験専門の塾講師は、スキルアップの場として広く使われています。学習塾によっては中学受験専門の授業をやっていないところもありますし、有名な進学塾でより高度な仕事がしたいという方も多いので、転職希望者数は非常に多く、求人数も一定数を維持しています。

中学受験専門の塾講師の求人が多いのは、独立する方が多いからともいわれています。中学受験専門の塾講師は、ある程度経験を積んだ塾講師しかなれないとされており、それを何年も続けるころには、塾講師としてのスキルは十分に身についているはずです。その段階で職場を離れ、塾の経営者として独立するケースが非常に多く、ベテランの中学受験講師の多くは、現場から離れる傾向にあります。