講師不足

中学受験専門の塾講師は、指導内容が限定されている分、求人数は少なくなりそうに思えますが、実際には定期的に求人が公開されており、新規の人材を求める塾も後を絶ちません。一度講師を集めたら、その後しばらくは講師を集める必要もなさそうに見えますが、中学受験塾講師を専属でずっと続ける方は少なく、新規の人材を揃えるのも時間がかかるため、即戦力として働ける講師を求めているようです。

中学受験専門の塾講師は、キャリアアップの方法のひとつとされており、ある程度の経験を積んだ塾講師の多くが挑戦しています。そして、受験対策で実績を挙げることが出来た講師の多くは、管理職としてさらに上の立場に立ったり、独立して塾の経営に回ることが非常に多く、受験専門は定期的に数を減らしています。求人が増える要因はこうした講師の出世が大きく影響しており、新規に営業した塾が、受験専門の講師を求めることもあります。

塾講師はアルバイトも見られますが、受験対策を行う講師の場合は、ある程度の実務経験を積まなければなることは出来ません。未経験の場合は少なくとも数年間は実務経験を積んでもらう必要があるとされているので、退職などによって受験対策を行える人材が不足することも珍しくありません。中学受験専門の求人が転職希望者向けのものが多いのはそのためで、転職に成功すれば、相場よりも高待遇で働けるケースもあります。