塾のタイプ

学習塾講師の中でも、中学受験専門の講師は、より求められるスキルが高いといわれています。高い理解力を持たせるために、指導する内容は小学校の授業よりも高度なものになり、ナーバスになりがちな子どもはもちろん、保護者のメンタル面にも気を配らなければならないなど、塾講師としての実力がより高く求められます。また、学習塾のタイプに応じて指導方法も異なるので、自身の適正に合わせた求人選びが重要です。

学習塾のタイプは大まかに分けて集団塾と個別指導塾の2種類に分類されます。集団塾は学校の授業と同じく、生徒全員に一度に指導を行う方法で、生徒同士で競争意識を持たせて、積極的に授業に取り組むよう指導する必要があります。そのため下位の生徒を時には置き去りにせざるを得なくなることもあるので、そうした授業体制に抵抗がある場合はあまり向かない求人といえます。

個別指導塾では、生徒一人ひとりの指導により重点を置いた授業形態をとっています。指導の上でも生徒一人ひとりの成績などを考慮して指導にあたる必要があります。生徒とのコミュニケーションを特に重視したいという方は、個別指導塾の求人のほうがあっているかもしれません。塾の形態にあわせた求人選びで、理想的な職場への就職を目指しましょう。