アルバイトから登用

中学受験といえば、中学校の進路先を決める大事なものですが、いきなり中学受験の講師を担当して、期待していた成果を上げられるかどうかははっきりとは分かりません。とはいえ中学受験を指導する講師には、アルバイト登用から仕事を始めたという方もいて、そうした方は、中途で塾講師として働くよりも、これまでの経験で身に付けてきたことを活用することで中学受験専門の講師になれるはずなので、塾講師として将来も働きたいアルバイトの方は、正社員登用を目指せるか確認してみましょう。

中学受験専門の塾講師は、すでに中学生の指導経験があり、生徒や保護者との冷静な話し合いなどがこなせる人材でなければ、担当することはできません。アルバイトから登用されている場合は、すでに中学生の指導を済ませていることも多いので、条件を満たした上で改めて、中学受験の指導専門の教育者として活躍することができます。

基本的に中学受験担当は経験者が担当することが多いですが、経験の度合いは塾によって異なります。正社員経験がない人材は積極的には雇わないという方もいれば、学生アルバイトだった方が、途中で大学などを中退してプロの塾講師になる方もいるので、中学受験専門講師を目指す際は、どのような形で塾講師を目指すか考えてみましょう。