アルバイトとの違い

学習塾の講師には、アルバイトも多く見られます。中には東大生が指導する学習塾など、学生の学歴をアピールポイントとして利用しているところもあり、アルバイトでも高度な指導を受けることができると、多くの方が利用しています。学習塾の中には、専属で指導を行っている塾講師も多く、より高度な指導を行える講師が担当しています。こうした中学受験専門のような、より高度な指導をしている講師と、アルバイトの講師とは、どのような違いがあるのでしょうか。

中学受験専門の講師と、アルバイト講師との差は、まず給与となって現れます。中学受験専門となると、ごく一部の生徒しか見ない分、給与も下がるのではと思われがちですが、実際には非常に多くの生徒を受け持つことになりますし、指導の際は生徒だけでなく、保護者とも話しをしなければならないなど、余計に気を配る必要があるため、行使の負担を考慮して、給与はなるべく高めに設定するところが多いです。

基本的に専業の塾講師は、アルバイトよりも高待遇で働くことができますが、その分気を使わなければならないことが多いため、決して同じ仕事をして高い給与をもらっているわけではありません。中学受験の問題は指導が難しいものがそろっていますし、生徒や保護者との面談なども、より神経を使う必要があり、多くの給与を得られる分、仕事は大変なものになりやすいです。